私のセフレ(以下T)は年上で、仕事はOLをしています。そのためスーツがとても似合っており、眼鏡もかけているから、ぱっと見は生真面目なバリキャリなのですが…意外と可愛い一面がありまして、とくにセックスするときは素晴らしいですね。

Tとセフレになったきっかけは、セフレ掲示板を使っていたときでした。生真面目に見えるTですが、意外と性欲については正直でして、「随分長いことしていなかったから、誰か遊びませんか?」と書き込んでいたのです。

最初は顔も分からないので、年齢から察するに『ドスケベな人妻』を想像していましたが…写メを交換したらイメージとは全然違い、これも興奮ポイントになりました。生真面目な女性がエロい書き込みをしているなんて、ムラムラすると思いませんか?

そんなわけで、私はセフレ掲示板でもTを積極的に褒めて、会う約束を取り付けました。ちなみに初めて会う日は平日の夜になりまして、お互いが仕事終わりに落ち合うことになったのです。仕事終わりのセックスはだるい…なんてこともなく、Tに会えると思ったら、私も元気いっぱいでしたよ。

仕事終わりのTはスーツ姿のままでして、ここも私としてはポイントが高いですね。男性のスーツ姿は女性に人気ですが、逆もまた然りという感じでして、私の周囲にもスーツ好きな男はたくさんいましたよ。

仕事終わりということでまずはファミレスに行き、一緒に夕飯を済ませました。ちなみにお酒もあったので一緒に飲むとTも少し口数が増えまして、「クールそうに見えるけど、案外フランクな人なのかもな」なんて感じたのです。

食事を終えたらラブホテルに入り、ここで情事を始めたわけですが…クールに攻めてきそうなイメージと違い、セックスでのTはむしろ甘えん坊というか、ハグとキスを積極的に求めてくるタイプだったのです。

ホテルに入ったら「ハグして…」と真っ先に言ってきたので、それに応えるように抱き締めました。するとTはすぐにキスをし、舌も自分から入れてきまして、これでもかという感じの長いキスを堪能していたのです。

愛撫のときも密着してくるし、キスしながらピストンするとさらに濡れてくるし、Tが甘々なセックスを求めているのは明らかでした。セフレ掲示板でそれなりにいろんな女性と遊んできましたが、Tはとくに『イメージとのギャップがある人』でしたね。

Tとは今も仲良しで、セックスするときはベタベタと甘えてくるから、本当に毎回可愛いですよ。