女性はいくつになっても甘いものが好きですが、とりわけ若い子ほどスイーツが大好きですよね。女性は年齢を重ねると男性以上に太りやすくなってしまい、スイーツを食べたくても我慢する人が増えているのです。

しかし若いと太りにくいせいか、『スイーツバイキング』なんていうお店にもちょくちょく行くみたいです。バイキングだと結構しますが、食べ放題なのでいろんなケーキを楽しめるため、若い子にとってはパラダイスみたいなところなのでしょう。

私も甘いものがそこそこ好きですし、なにより『割り切りサイトにいる女の子もスイーツで結構釣りやすい』のを知っているから、スイーツバイキングもちょくちょく利用しています。「甘いもので女の子が本当に釣れるの?」と疑っているなら、試してみるといいですよ。

甘いもので女の子を誘い出す際のポイントは、『若い女の子を狙うこと』ですね。本来なら若い子は人気があるため、割り切り相手にするには難しそうですが…先ほども書いたように若い子はスイーツが大好きなので、「甘いものを奢るから、一緒に食べに行こうよ!」と誘うのが肝要です。

甘いものもそうですが、女の子は『男に奢られる瞬間』が大好きなので、相乗効果で簡単に会えるでしょう。私も割り切り相手を探すサイトでこの方法を使い、21歳の女子大生であるA(仮名)とデートできました。本来はなかなかゲットできない女子大生ですが、若い子の習性を利用すれば簡単ですね。

当日のAは、会った瞬間からご機嫌でした。女子大生はお金があまりないため、スイーツバイキングにも気軽には行けず、ときには友達の誘いであっても我慢するのだとか…しかし、今日は私の奢りってことで、気軽に食べられるのです。

だからAは食べている最中も食べたあともすごく喜んでおり、ラブホテルにもすぐについてきてくれました。多分、「この人の割り切り相手になれば、またスイーツが食べられる!」と思っていたのだと思いますが、スイーツでAが抱けるなら安いし、気になりません。

Aの若い体はやっぱりエロくて、同い年の子とするよりもたくさん射精できました。Aもスイーツのお礼なのか、私のアレを丁寧に舐めてくれまして、奉仕されている満足感はたまりませんね。

これ以降、Aと会うときはスイーツバイキングに行くのがお決まりになりまして、甘いものを食べた後はセックスしています。たまにスイーツバイキングではなく焼き肉食べ放題に行くこともありますが、どちらでも社会人なら気になる額じゃありません。