若くしてかなりの年上男性と結婚した女性は、最初は幸せでも悩みを抱えやすいです。たとえば夫の介護ですとか、未亡人になったあとの生活ですとか、リアルな問題はときに「ちょっと結婚は早まりすぎたかな…」なんて思考を生み出すのですね。

で、年上男性との間に起きやすいリアルな問題として、『夜の性活』も結構多いのは予想できませんか?女性は年齢を重ねても普通にセックスができますが、男性は年齢を重ねる毎に勃起も難しくなり、早い人だと40代で勃起不全になるのです。

私のセフレである人妻のK(仮名)も、そういった悩みが原因でセフレ掲示板を使い始めました。Kが結婚したのはなんと18歳のときで、しかも相手は40代の担任教師だったのです。なんとも危険な香りがする組み合わせですが、一応卒業後までは我慢したらしく、とくにトラブルはなかったのだとか…。

そんなKは今28歳、つまりは結婚して10年が経過したのですが…まだ20代のKはもちろん元気ですが、50代になった夫はやはり衰えも顕著らしく、セックスの際も中折れが頻発するらしいです。28歳でまだまだやりたい盛りのKが、そんな夫で満足するわけもありません。

ただ、Kは「セフレは欲しいけど、あの人は好きだし…」とセフレ掲示板でも話していたように、離婚する気はまったくないようです。こういう言葉を聞くと「教え子と結婚できて今でも愛されるなんて、羨ましい…」なんて思ってしまいました。

とはいえ、そんな妻がいてもセックスができないのですから、夫も多少はつらいかもしれません。それでKも満たされない思いをしていると考えたら、この人とのセックスは、ある種の人助けかも…なんて言えなくもないでしょう。

セフレ掲示板で約束した日に外で落ち合い、会話もそこそこにラブホテルに入ると、Kの服を脱がせました。28歳の体はやっぱりキレイで、感度も抜群だったおかげか、少しいじるだけで挿入できましたよ。

アラサーとはいえ20代、Kの中はとてもきつく、私は3回もしてしまいました。こんなに連続で求められたのはKも初めてだったようで、「こんなセックスしたら、もう指じゃ我慢できないかも…」と苦笑しており、私は「それじゃあ、またそのときは呼んでよ」と伝えておいたのです。

後日、本当にKから呼び出しがあり、今でもセフレ関係は継続しています。夫は性欲こそ衰えていますが、まだまだ仕事は頑張っているらしく、Kは「今日はあの人も早く帰るから、早めにお願い!」なんて言うことも多く、夫婦仲はいいみたいですよ。