女性にとって『薄着』というのは、暑いときだけするとは限りません。女性が露出を増やすのは『異性を釘付けにしたいから』という意思も含まれており、男ならつい足や胸を見てしまうでしょう。もちろん、女性は誰にでも見せたいわけではなく、『自分に夢中になって欲しい相手』を意識しています。

私もセフレ掲示板を使ったら、そういう相手をゲットできてラッキーでした。その人は既婚者でA(仮名)と言うのですが、実は旦那といるときは野暮ったい格好ばかりであり、そういうアピールはしないらしいです。

しかし、セフレ掲示板で知り合った私を大変気に入ってくれたようで、私と会ってセックスするときはいつも薄着でした。冬はさすがにコートも着ていますが、コートの下はできるだけ薄めのファッションにしており、その人妻のグラマーな体型が強調されているのはたまりません。

もちろん最初から仲良しだったわけではなく、セフレ掲示板で知り合った直後は良くも悪くも普通のセフレでしたね。Aも「とりあえずセックスできる人なら誰でもいいや」と思っていたし、私も似たようなものでして、仲良くなれるとかは期待していません。

しかし、何度か会っているとセックスだけでなく食事やお茶もするようになり、そのときにAの不満を聞いてあげていると、自然と距離も縮まりました。なお、Aの不満とは旦那のことでして、「私にトラブルが起きても知らんぷり」とか「付き合いとか言いながらよく風俗に行ってる」と話していたのです。

私からすれば、どうでもいい話…ですが、さすがにAがちょっと可哀相に見えたので、軽く慰めていました。また、セックスでも「旦那としていないなら、ちゃんといかせてあげるか」と丁寧に触っていたら、「こんなの知ったら、もう旦那とできないよぉ…」と言い始めたのです。

そしてAは、いつも私を薄着で挑発するようになりました。今は夏なのですが、『タンクトップにショートパンツ』という非常に肌色が多い服装を見せてくれて、落ち合ったらいつも腕に胸を押し付けてきます。

もちろんAは「こんな格好、○○くんと会うときだけだよ♪」といつもアピールしてくるから、可愛くて仕方ありません。もちろんAには家庭があるから、恋人にはできないのですが…セックスするときは、本物の夫婦みたいに情熱的な絡み合いをしていますよ。

ちなみに最近は下着にもこだわるようになっており、私と会うときはかなりエロいのを着けています。露出の多い服装とセットだと、もう痴女にしか見えませんね。